遺伝子的出逢い

遺伝子的出逢い

高校時代に陸上部に入っていた私ですが、忙しい毎日の中にも恋愛はありました。

 

その陸上部の先輩のことが、入部した時からとても気になっていて告白しようか迷っていて1年半たってしまいました。

 

先輩は来年卒業。部活動を一緒にできるのもあと少し。

 

そう思って、思いきって告白してみたのです。すこし背が高めで、誰が見ても好印象を持つようなタイプで優しい人でしたので、いつもファンの女子が見学にきているほどでしたから絶対私など、付き合うのはむりだろうと思っていました。

 

ところが、実は向こうも私のことを気にしてくれていたのです。友人が仲を取り持ってくれてわかったことでした。

 

そして、お付き合いが始まりました。私は、彼氏などというものを今まで持ったことがなく、とても気を使いましたが、一緒にいるとどんどん好きになっていくのがわかりました。

 

そして、母には彼ができたことを伝えようと、夜にこっそり話たのです。

 

「●●さんっていう...先輩なんだけど...」

 

母は言葉を失っていました。

 

そして、「その人、お父さん、●●さんっていう名前じゃない...?●●さん...」

 

その通りでした。どうして知っているのか尋ねると、私の彼のお父さんは、母の昔の恋人だったのです。訳あって、母はお見合いさせられ、父と結婚することになり、無理やり別れさせられたという話でした。

 

母が叶わなかった恋は、結婚まで成就せず、結局私も、彼とは数年後別れましたが遺伝子ってすごいなあと感じました。


 
出会いLOVE〜素敵な体験談〜 サイトマップ